トップメッセージ - 代表取締役社長 松本 康宏

ビジネスフォームの印刷を通じて長年培ってきた印刷や加工の技術を基に、システム開発・プリンターによるデータ出力・メーリングサービスへと展開してきました。創業時から変わらないスタンスで「顧客中心主義」を第一に掲げて企業のペーパーレス化やアウトソーシングに係る多種多様なニーズへ迅速かつ柔軟に対応し、常にご満足いただけるクオリティの高い製品・サービスを提供しております。
昨今、さらに多様化し変化していくビジネスメディアにおいて、情報技術の変化が加速する中、サステナビリティの観点で重要性を増している情報セキュリティやカーボンニュートラルの環境分野を事業活動へ取り組みながら、当社製品・情報をより効率よく活用していただくソリューションの提案に更に注力してまいります。
この活動を含めE・S・G政策のマテリアリティ(重要課題)を設定してステークホルダーのみなさまからの共感・賛同を得ながら「企業と社会のサステナブルな成長を支える非財務基盤の強化」を掲げて展開してまいります。

サステナビリティ基本方針

私たちは創業の精神である「顧客中心主義」の基に「必要なものを、必要なときに、必要なかたちで」お客さまのニーズに合わせた革新的で最適なサービスを提供していく「クイックレスポンス」&「顧客中心主義」をモットーに、地球環境の保全と人や地域の多様性にやさしく公正公平な持続性のある企業活動を推進してまいります。
基本方針を基にステークホルダーの皆様の協力を得て持続的で発展と幸福な社会を実現してまいります。

サステナビリティ推進体制

推進体制はコーポレートガバナンス(注1)の基本的な考え方に基づき、当社の企業規模に合う効果的且つ合理的な範囲で重要課題を設定し、真に継続的で当社の環境・社会・ガバナンス(E・S・G)に相応しい活動を展開してまいります。
(注1)「コーポレートガバナンス基本方針」をご参照ください。
SDGsの推進はE・S・G経営政策のマテリアリティ(重要課題)として取締役会内に「SDGs推進委員会」を設置して推進してまいります。
マテリアリティ(重要課題)は、環境、社会、ガバナンスの項目にそれぞれ目標設定して展開してまいります。